【画像】足が長く見える写真の撮り方や身長の盛れる撮り方を解説!【撮ってみた】

  • 2024年4月3日
  • 2024年4月28日
  • 未分類
  • 4938view

最近は、気軽にスマホで写真を撮ってSNSにアップする機会が増えましたね。

全身が映る写真を撮る際、やはり気になるのがスタイルよく映っているかどうか。

実は撮り方次第で身長を高く見せたり、逆にスタイルが悪く見えてしまうこともあるんです!

今回は「写真の撮り方」をテーマに、実際に筆者(私、KK)が撮った画像を使って解説していきたいと思います!

重要なことはたった2つだけ

写真を撮る際に足を長く見せるための重要なポイントはたったの2つです。

  • 角度を意識すること
  • コーデを意識すること

スマホをパッと取り出して写真を撮ろうとすると、つい角度を意識することなく撮ってしまったり、そもそもコーデの時点でスタイルが悪く見えてしまっている場合があります。実際に画像を見てみましょう。

【ポイント1】下からの角度を意識する

私KKが撮影した友人の写真がこちら。どうでしょう、足が長く全身がすらっとした印象を持ちませんか?

これは「スマホの角度を上にして撮る」ということを意識して撮った写真になります。

カメラを少し下から持ち、上向きに撮影すること。これにより、足が実際よりも長く見える効果が期待できます。

具体的には、カメラは撮影者の腰ぐらいの位置に持つと良いでしょう。そして、被写体の足元から斜め上に向けてレンズを構えます。この時、カメラの傾斜はそこまで大げさでなくても大丈夫。自然な流れで足が長く見える角度を探してみてください。

ただし、あまりにも下からの角度が強すぎると、不自然に見えたり、他の部分が歪んで見えることもあります。バランスを取りながら、何度も試し撮りをしてみるのがコツです。

【ポイント2】足が細く見えるパンツを履く

二つ目の重要なポイントは、パンツ選びです。

こちらの写真は、「スキニーパンツ」を履いて私KK自身が撮影したものです。

つまり、足が細く長く見えるパンツを選ぶことで、写真の印象が大きく変わります。

特におすすめなのは、ハイウエストのパンツです。ウエスト位置が高いことで脚の長さを強調し、スタイルが良く見えます。

色に関しても、ダークトーンなパンツを選ぶと、脚が細く見えやすいでしょう。逆に言えば、明るい色や派手な柄のパンツやダボっとしたパンツは、脚が太く見えがちなので注意が必要です。これに関しては以前の「低身長コンプレックス?背が低くても勝てる最強コーデを徹底解説!」という記事でも解説しています。

ちなみに、撮影時には、パンツのラインがはっきりと出るようにポーズを取ることもポイントです。

NGな方法

では、逆に「NGな方法」についても解説してみたいと思います。

スタイルを良く見せるための撮影方法があるということは、ちろん避けるべきポイントも存在します。

ここからは間違ったアングルやファッションの選択についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

【NG】上からの角度をつける

下からの角度が足を長く見せるのであれば、もちろん「上からの角度をつけた撮影方法」はNGです。どうしても足が短く見えがちになります。

これは、足の部分が遠近法によって短く見えてしまうからです。特に、自撮り棒を使っての撮影や、他人に撮ってもらう際には、この点に注意が必要です。

上記の写真は私KKが友人に撮ってもらった写真です。ちなみに私は身長が185cmあるのですが、見事にその身長を活かせていません。

【NG】ロングコートを着る

では、角度をつければそれだけでいいのかと言われれば、そうでもありません。

こちらの写真は同じ日のもので、スマホの角度を下からにして撮影したものです。

たしかにスタイルは改善しましたが、少し足が短く見えませんか?

この原因は「ロングコート」にあります。

ロングコートは股下まで裾が伸びているため、全身の写真を撮ると足が短く見えてしまうんです。ただでさえ股下が短い日本人の我々にとって、このコーデは致命的と言っても過言ではありません。

丈が長いファッションのデメリットについても以前の記事で解説しているので、こちらも参考にしてみてください。また、ロングコートを着用すると、その重厚感から写真全体の印象が「重たく」見えることもありえます。注意したいですね。

【画像】理想の撮り方

結論、「下からの角度」と「細いパンツ」を意識することで理想的な写真が撮れます。

こちらの写真は、去年の冬に私KKが友人に撮ってもらったものです。

(ホテル雅叙園の映えスポットで思わずはしゃいでしまいました)

この写真のポーズについてですが、片足を少し前に出すことで、さらに脚長効果を強調しています。ただし、不自然にならないよう、リラックスした状態で自然体のポーズを心がけたいところです。

実際の写真を見ていただくと、これらのポイントを抑えた撮り方がいかに効果的かがわかるはずです!

まとめ

さて、今回は足が長く、スタイルよく見える写真の撮り方について画像とともに解説しました。ポイントは、下からの角度を意識することと、足が細く見えるパンツを選ぶことの2つだけです。

いかがでしたでしょうか。もし今度撮影する際には、この記事を思い出してみてください。